HOME
 
捕獲罠のご紹介
 
ガードマンの紹介
 
会社概要
 
ららん藤岡発明の会のご案内
 
お問合せ
 
特定商取引に関する法律に基づく表示
良くある質問 Q&A
 


美人女将もご購入、
使用方法の講習会風景
サスマタ すっぽん大将
むき出しでは殺風景なので写真を貼ったりして違和感を感じないようにして 保管しておきます

サスマタの使い方
ガードマンの詳細
Q&A
ユーザーの声
HOME



リンク:





@従来型サスマタ
Aカラーボール
Bガードマン
三種の違い?




忍者のように忍び寄りガチっと相手を捕まえる (YouTube)

ガードマンについてよくある質問


質問:強く挟むようですが危険ではないですか?

回答:挟む時は瞬時に挟みますが、それほど強い力では有りません。

質問:如何して脚や腕を挟むのですか?

回答:細い所を挟む方が小型軽量化に出来ます、小型化することで強度も出ます、安くも出来ます、胴体を押さえるのと脚や腕を挟むのではどちらが動きにくいでしょうか? 又胴体を挟むにはかなり大型化してしまいます。同じ材料では強度が不足してしまいます、 其れを補うには重くなってしまいます。

質問:如何にしたら挟む事が出来るのですか?

回答:脚や腕を挟むようにして奥に突き当てるだけで可動アームが閉ります。カバーが付いている時はそのまま押し込んでください。通常アームの広さは20cmですが最大開いた状態で26cmまで広がります。

質問:重量はどの位ですか?

回答:1リットルのペットボトルが1kgですが、長さ130cmで1.1kg、 標準の167cmでも1.25kgと女性でも簡単に扱えるのがすっぽん大将の特徴です。

質問:何処を挟むのが効果的ですか?

回答:腕や脚の細い所、特に括れた所が特に効果的です。

質問:挟んだらそのまま持っているのですか?

回答:すっぽん大将から手を離しても簡単には外れません、防犯ブザーをハンドルにオプションで取り付けて置きますと、挟んだと同時に作動させる事で強い味方になります。

質問:挟んだ相手が暴れた時は如何にしたら良いのですか?

回答:少しひねるだけで相手に痛みを与える事も出来ますが、脚等を挟んであれば少しの力で引いたりすれば簡単に相手を倒す事も出来ます、又、防犯ブザーを引き抜いてそのまま逃げて近くの人に助けを求めるのも良いでしょう。

質問:間違って首を挟んでしまつたら死んでしまいますか?

回答:そんなに強い力で締め付ける様な事はありませんが近くの人と協力して早めに対処してください、首や頭部は危険ですから避けてください、又、胴体は大きすぎて挟めません。

質問:挟んでも簡単に開いてしまう様な気がしますが大丈夫ですか?

回答:挟んだ状態の簡易引っ張り耐久試験で80kgまでは大丈夫ですが、普通の状態で痛みも加わりますので30kgで引っ張れば大変な力になります。この部分だけは強度を持たせる為特に鉄をインサートしてあります、又、可動アームは90度締まる中で18段階に締まります、したがってクリアランスがほとんどありません。優しく挟んでいても逃げられないのは其の為です。

質問:警棒代わりにも使えますか。

回答:いかくにも勿論使えます、アームの先も怪我を負わせないように丸くなっています。 カバーをつけたまま使ってもさしつかえ有りません。向かって来るようでしたら挟んでしまえば良いのです。

質問:開く時は如何するのですか?

回答:簡単に開く事が出来ますが、取り扱い説明書に記載してあります。

質問:保障期間は何年ですか。

回答:出荷時より5年間の保障になります。当社の番号管理になります。 防犯ブザーはお客さんに好きな物を取り付けていただきますので、すっぽん大将の保障扱いにはなりません。尚、返品等は特定商取引法を参考にしてください。

質問:カラーボールとガードマンの効果の違いは?

回答:カラーボールは、とりあえず強盗の目的が金品であったら相手の言うがままにそれを渡し、奪って逃げていく相手の背後からボールを投げつけて (現在はピストル型のものもあります)、割れたボールからペンキが飛び出し相手の身体に付着するものです。
着ている服やズボンをは着替えればもう分かりません。したがって、頭に当てない限り効果は望めません。
日ハムの斎藤投手のような人であれば相手にめがけて上手く当てることもできるかもしれませんが、野球のピッチャーの経験の無い人が逃げていく 犯人に上手く当てることはまず無理でしょう。
深夜に一人暮らしの女性宅へ暴行目的で侵入した悪者に、あなたは「事」が終わって相手が逃げていくときにカラーボールを投げつけますか? 
或いは、その「事」の前にカラーボールを投げつけますか? 
どの道、「事」は起こってしまうでしょう。

回答:「ガードマン」は、いずれの場合でも事件を未然に防ぐことを目的として開発されたものです。
金品を渡す前に逆にガードマンで相手を威嚇し事件を未遂に終わらせるのが第一。 それでも諦めない相手にはガードマンの威力を発揮して手の腕、脚、果ては首をを挟んでしまいます。
一度挟んだら二度と離しません。強盗未遂のまま現行犯逮捕になってしまいます。言うまでも無く「金棒」として振り回して 相手を追い払うこともできます。
暴行目的の悪者には「事」の前にガードマンが噛み付けば、手錠以上の威力を発揮します。相手は自由を奪われ、パニック、「事」を するどころではなくなります。
そのまま、部屋や現場からいち早く逃げて助けを呼びましょう。手錠のように衣服で隠すこともできません。
相手はガードマンに かまれたまま道を歩こうものならすぐに異常に気が付いた人に目撃されます。警察の追跡が容易になります。
できれば、ガードマンの取っ手を持って引いたり、押したり、ねじったりすれば相手に痛みを与えることができます。
「逃げ得」を許さないのがガードマンです。


下のビデオは強度実験をした時のもの


Chorome,Safari, iPhone, iPad 用
Firefox, IE9以前 用